科学技術の啓発

科学技術に関する知識の普及を図るため、青少年から一般市民まで幅広く理解と関心を高めるようイベント等を開催しています。

  1. 「テクノ愛」の開催
  2. おもしろサイエンスの開催
  3. 科学館・技術館訪問研修の開催

おもしろサイエンス2019年度〜冬休み実験教室〜

「おもしろサイエンス2019年度〜冬休み実験教室〜」の開催結果
開催日時 2019年12月26日(木)
  • 午前の部 11:00~12:00
  • 午後の部 14:00~15:00
主催 公益財団法人京都技術科学センター
協力 東京理科大学、サイエンスEネット
後援 京都府教育委員会、京都市教育委員会
会場 京都技術科学センター1階 B会議室
参加者 午前の部 小学生22名(親子22組)
午後の部 小学生23名(親子19組)
プログラム
(1)主催者挨拶
開会に当たって、午前の部に当センター髙岡理事長が、また午後の部に当センター田中副理事長が挨拶。
(2)リニアモーターカーについての説明
東京理科大学教授川村康文先生から、今回作製する手作りリニアモーターカーの基本的な仕組みである電磁力とフレミングの左手の法則について分かりやすく解説をしていただきました。
(3)リニアモーターカーの作製
  1. クリップと導線をつなげよう。
  2. クリップと反対側の先に長い真鍮棒をつなげ、レールをつくろう。
  3. CDケースに両面テープを張り、その上に磁石を同じ向きに並べ、両面テープで固定しよう。
  4. レールを磁石の上の両面テープに貼りつけよう。
  5. 電池を2つつなげ電源をつくろう。
  6. 電池をつなげレールに金属棒をのせれば、基本の「リニアモーターバー」が完成!
  7. 最後にみんなでオリジナルの列車を作り、電池をつないで走らせよう。

過去のおもしろサイエンス